2014年度

2014年度 第7回パレスチナ研究会 定例研究会
シンポジウム「イスラエル建国以前のパレスチナをめぐるナショナリズムの諸相」

概要

  • 日時:2015年3月13日(金)13:00ー18:20
  • 会場:東京大学本郷キャンパス・東洋文化研究所 3階第一会議室
  •     〒113-0033 東京都文京区本郷 7-3-1
        最寄駅:東京メトロ丸ノ内線/都営大江戸線(4番出口) 本郷三丁目駅
        東大・懐徳門から入って、緑の小道を抜けた右手、正面玄関に唐獅子像のある建物。

  • 【プログラム】
    1. 13:00~13:05 開会挨拶:錦田愛子(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
    2. 13:05~13:10 趣旨説明:菅瀬晶子(国立民族学博物館)

    3. 第一セッション 司会:奥山眞知(常磐大学(元))
    4. 13:10~14:00 田村幸恵(津田塾大学)「『ナショナリズム』揺籃:第一次世界大戦下の
                  パレスチナにおける『臣民』(仮)」
    5. 14:00~14:50 赤尾光春(大阪大学)「ディアスポラ・ナショナリズムとシオニズムのはざまで
                   ――S・アン=スキーの思想的遍歴における精神的力と身体的力」

    6. 14:50~15:10 休憩

    7. 第二セッション 司会:奈良本英佑(法政大学(元))
    8. 15:10~16:00 菅瀬晶子(国立民族学博物館)「ナジーブ・ナッサールのアラブ・ナショナリズム
                  観―『シオニズム』とカルメル誌における活動から―」
    9. 16:00~16:50 田浪亜央江(成蹊大学)「パレスチナにおけるB-P系スカウト運動と
                  『ワタンへの愛』」

    10. 16:50~17:10 休憩

    11. 17:10~18:10 コメント・総合討論
    12. 17:10~17:20 コメント1 臼杵陽(日本女子大学)
    13. 17:20~17:30 コメント2 藤田進(東京外国語大学(元))
    14. 17:30~18:10 総合討論

    15. 閉会挨拶: 長沢栄治(東京大学東洋文化研究所)

報告

 田村報告は、オスマン帝国末期のパレスチナにおいて、イベリア半島出身のユダヤ人(セファルディー)が果たした役割について論じるものだった。帝国末期の近代化政策は中央集権的に進められたが、そこにはセファルディーおよび商工会議所とのせめぎ合いがあった。また第一次世界大戦期においては、ユダヤ人の間でオスマン帝国下での臣民化をめぐり議論が展開された。報告後のコメントでは、当時のパレスチナにおける宗教行政とその中での様々なユダヤ人の位置づけを明確にする必要が指摘された。
 赤尾報告は、ユダヤ啓蒙主義(ハスカラ)からロシア・ナロードニキ運動、ユダヤ文化復興運動に傾倒した後、シオニズムとディアスポラ・ナショナリズムの間で揺れ続けた文学者S・アン=スキーの思想的遍歴を明らかにするものだった。近代ヘブライ文学では離散ユダヤ文化や、ユダヤ国家像、性や身体について様々な態度がみられたが、なかでもアン=スキーの示した両義的態度は独特のものであった。質疑ではアン=スキーの作として著名な戯曲『ディブック』や、民族資料収集について補足説明がなされた。
 菅瀬報告は、レバノン生まれのジャーナリストであるナジーブ・ナッサールが、パレスチナで発行したアラビア語新聞『カルメル』とその中での連載「シオニズム」について、背景と記述内容の分析を行なうものだった。ナッサールは早い時期からシオニストによる土地の買収に対して警鐘を鳴らし、またパレスチナとヨルダン各地を旅して地方の現状を記事で伝えた。とはいえアラブ/パレスチナ・ナショナリズムに関する記述はないことから、質疑では英語のナショナリズムをアラビア語圏にどう取り入れて解釈するかが議論された。
 田浪報告は、英委任統治期前後におけるパレスチナでのスカウト運動の浸透と、それに関する記述を当時の雑誌等のテキストに見出し、運動とワタン(郷土)概念の関連について究明するものだった。B-P系のパレスチナ・ボーイスカウト教会は、英国委任統治の初期段階で設立された。スカウト運動での自然観察や訓練は、実践的であるとともにワタンに対する愛を与えるものと記述されている。質疑では、スカウト運動とその他の自然に関わる植林運動、ワンダーフォーゲル等との比較が議論された。

(文責:錦田愛子)

川上泰徳氏 退社記念・講演会(2014年度第6回パレスチナ研究班定例研究会) 

概要

  • 日時:2015年1月31日(土)14:00-16:30
  • 会場:東京大学本郷キャンパス・東洋文化研究所 3階大会議室
  •     〒113-0033 東京都文京区本郷 7-3-1
        http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/access/index.html
        最寄駅:東京メトロ丸ノ内線/都営大江戸線(4番出口) 本郷三丁目駅
        東大・懐徳門から入って、緑の小道を抜けた右手、正面玄関に唐獅子像のある建物。

  • 【プログラム】
    1. 川上泰徳氏・講演「私の中東取材」(1時間半)
    2. 質疑応答・コメント(1時間)

     朝日新聞記者として長年、中東報道に健筆を揮ってこられた川上泰徳氏が2015年1月に新聞社を退職され、今後はフリーランスのジャーナリストとして、東京やエジプトを拠点に、さらに中東報道を続けていかれることになりました。
     川上さんに、長年の記者生活を振り返って思う存分語っていただきます。同時に、これから新たな道を歩かれる氏を激励する会にしたいと思います。ぜひご参加ください。

    【共催】NIHUイスラーム地域研究東京大学拠点パレスチナ研究班
        土井敏邦 パレスチナ・記録の会

    【参加費・要予約】無料(定員65人)

    【懇親会・要予約】(定員30人)
    <時間>午後5時~
    <会場>棲鳳閣 (せいほうかく)(地下鉄「本郷三丁目」駅近く)
    http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131004/13041040/

報告

「川上泰徳氏 退社記念・講演会」報告/役重善洋

 1994年以来、オスロ・プロセス、第二次インティファーダ、イラク戦争、エジプト革命等、激動の中東を取材し続けてこられた川上氏による報告は、それらの現地取材記事がどのような問題意識やプロセスによって活字となったのかを伝える興味深いものであった。例えば、イラク戦争の際、バグダードのフセイン像を倒した若者たちを探し出すのにタクシー運転手を動員する様子や、エジプトのベリーダンサーへのインタビューを成功させるまでバーに通い詰める努力などは、現地社会の深層にまで切り込もうとする川上氏のユニークな視点を伝えるエピソードであるように思われた。
 また川上氏は、「横文字を縦文字に変換するだけ」で、現場での取材をおろそかにする多くのメディア特派員にありがちな姿勢を厳しく批判された。そして、欧米にはできない、日本だからこそできる中東取材や貢献のあり方があるはずだと力説された。
 質疑応答ではイスラム国についての質問が相次いだ。川上氏は、タハリール広場に終結した人々の中に、サラフィー主義者が多数いたことを写真で示し、「アラブの春」の失敗が、イスラーム国の台頭へとつながったとの持論を展開された。また、宗教思想とそれを体現する手段としての暴力とを分けて考えるべきであり、前者を内在的に理解することと、後者をしっかりと批判することの重要性を強調された。
 講演翌朝には後藤健二さんの殺害が明らかになるなど、緊迫した昨今の日本・中東関係において、欧米/中東/日本という区分の意味や、植民地的状況下における暴力/非暴力、思想/手段の区別等々、多くの考えるべき論点が提示された講演であったように感じた。

2014年度第5回パレスチナ研究班定例研究会

概要

  • 日時:2014年11月1日(土)13:00-18:00
  • 会場:東京大学本郷キャンパス・東洋文化研究所 3階第一会議室
  • 報告
    1. 大伴史緒(筑波大学大学院人文社会科学研究科博士前期課程)
      「パレスチナ経済の成長要因分析」

    2. 武田祥英(千葉大学博士課程/日本学術振興会特別研究員DC)
      鈴木啓之(東京大学博士課程/日本学術振興会特別研究員DC)
      「パレスチナ/イスラエルにおける資料調査:現状と課題の共有」

報告

 大伴報告は、パレスチナ経済の成長要因を、Total Factor Productivity(TFP、総合要素生産性)の観点から説明しようと試みるものであった。
 1967年の第三次中東戦争による占領以降のパレスチナ経済はこれまで、構造的従属の観点から、経済発展を妨害する要因の分析が中心であった。そのため、本報告はこれまで十分に分析されてきたとは言えない、経済成長の説明変数を主な論点として俎上に上げた。まず経済成長率の説明変数として、資本と労働の移動、経済政策の変化が説明変数として措定された。次に分析の前段階として1967年以降の資本と労働の移動、そして経済政策の歴史ならびに傾向が明らかにされた。そして、労働と資本が所得をつくるという新古典的な生産関数を想定した上で、労働と資本による生産性の増加以外の部分を、TFPに対する技術進歩の貢献部分とした。その上で、パレスチナにおける経済成長は、オスロ合意以前は資本投入の貢献が大きいマルクス型、オスロ合意以降はTFPの貢献が大きいクズネッツ型である、すなわち技術進歩による貢献が経済成長のドライブ要因として大きいと結論づけた。
 以上の報告に対して、パレスチナ実体経済の考察にある、農工業の縮小という分析と、技術進歩が経済成長のドライブ要因であるという結論は矛盾するのではないか、またTFPにおける技術進歩がブラックボックスとして措定される結果となっていないかといった論点が提示された。またそもそも、通常の新古典派経済学が占領下パレスチナにおいて成立するのかどうか、適用が適切か否かについても議論が行われた。
文責:鈴木隆洋(同志社大学博士後期課程)


 武田祥英氏、鈴木啓之氏報告
「パレスチナ/イスラエルにおける資料調査:現状と課題の共有」
 本報告の目的は、パレスチナ/イスラエルにおける現地調査において、書籍・文書資料の調査に伴う課題や現状を共有し、パレスチナ/イスラエル研究会メンバーの今後の研究に役立てることであった。
 鈴木氏の報告は、パレスチナ研究における現地調査と資料収集に関して、自身の体験に基づき、現状と課題の共有がなされた。具体的には、アラビア語現地資料の探し方買い方に始まり、行政機関・大学および地方資料館・図書館における設備や利用上の問題点、そして、ラーマッラーやナーブルスを中心に各々の書店の特徴等が提示され、実際に現地で経験しなければ分からないことが共有された。また、パレスチナ関連の一次資料が、ビールゼイト大学・アル=クドゥス紙・WAFAのウェブサイトで公開されていることも紹介され、パレスチナの情報はインターネットでかなり収集可能であることが示された。課題として、パレスチナでは、日本のCiNiiのような横断検索可能な文献情報サイトがなく、各研究機関のOPACで検索を繰り返す必要があること、ISBN未取得書籍の把握が難しいこと、書店での出版年度の古い書籍の確保が困難であることが提起された。鈴木氏報告は、資料調査を行う上で、知っておくと大変有益で参考になる情報で溢れており、資料にアクセスする入口を大きく開いてくれるような報告であった。
 武田氏の報告は、今夏パレスチナ/イスラエルで現地調査を行った際の、史料館調査、宿泊施設などの生活情報、現地の状況等について提示された。イスラエルの史料館(イスラエル国家公文書館・中央シオニスト文書館)を利用された経験から、役に立つ情報や注意事項などが明瞭に示された。双方とも、利用時間が短いこと、史料館のデータ検索においては現地で調べるのが一番良いこと、また、史料内容が英語であっても、史料館のリスト・表紙の表記がヘブライ語である場合があり、検索が難しいことなどが共有された。さらに、エルサレム、ベイト・ウンマール、ヘブロン、ハイファを訪れた体験が報告され、イスラエル占領下に生きるパレスチナ人の現状が提起された。エルサレム旧市街アラブ人地区で、拳銃と無線で武装した私服入植者をよく見かけ、「エルサレムのユダヤ化」が進行している事態に直面したこと。ベイト・ウンマールで、農耕地の隣に建設された入植地から、催涙・傷痍・音響などの各種手りゅう弾が撃ち込まれていたこと。ハイファを再開発すべく、そこに住むパレスチナ人に対して家屋破壊・追い出しが行われており、それに抵抗する若者の共同体運動Al-Mahataの人たちと交流されたこと。武田氏報告は、資料収集とともに、現地に足を運んだからこそ見えてくる、パレスチナ/イスラエルの実情が提示され、現地調査の重要性が改めて強調された。

 両者の報告は、将来的にはウェブサイトでの公開が予定されており、研究会メンバー以外の研究者・学生にも利用できる形となるそうだ。一学生として大変待ち遠しく、心底期待している。
児玉恵美(日本女子大学文学専攻科史学専攻博士課程前期)

ラジ・スーラーニー弁護士の講演会とガザ映画上映会

概要

  • 日時:2014年10月11日(土)14:00-19:30
              10月12日(日)13:00-20:30
  • 会場:東京大学・経済学部 第1教室(本郷キャンパス)
      *会場は、東大の本郷キャンパスですが、いつもの東洋文化研究所ではなく、
       経済学部の建物となります。

    当日は、ご講演とともに、ガザ地区を中心にパレスチナで長年、撮影を続けてこられたジャーナリストの土井敏邦氏の映像上映も一緒に行われます。 貴重な歴史的映像も含まれますので、ふるってご参加ください。

    【主催】土井敏邦 パレスチナ・記録の会
    【共催】科学研究費基盤研究(A)アラブ革命と中東政治構造変容に関する基礎研究/
        NIHUイスラーム地域研究東京大学拠点パレスチナ研究班

    詳しくは、こちらのサイトもご覧ください。

報告

 第一日目は、土井敏邦氏の取材による2014年ガザ戦争の現状報告と、ラジ・スラーニ氏(弁護士、ガザ地区より「土井敏邦 パレスチナ・記録の会」が招聘)、川上泰徳氏(朝日新聞社記者)による講演が行われた。土井氏の映像報告では、発電所や食品工場といったガザ地区のインフラが意図的に破壊されたなか、汚水処理の問題や野菜価格の高騰、住居の不足などに多岐にわたる諸問題が指摘された。この報告を受ける形でラジ氏は、自身の法律関係者としての視点を交えながら、自身も経験したガザ戦争の被害の甚大さと、それに対する国際社会の責任について強く訴えた。
 第二日目は、土井氏のドキュメンタリー映像にラジ氏がコメントを加える形で議論が展開され、臼杵陽氏(日本女子大学)による解説とラジ氏との対談がなされた。このなかでは、ガザ地区の置かれた現状のみならず、パレスチナ社会の抱える課題や国際支援のあり方の問題点など、多くの視座が提示された。
 なお、両日ともにラジ氏の発言は通訳者の中嶋寛氏によって日本語に同時通訳され、会場とも活発な質疑応答が展開された。ラジ氏の両日の詳細に関しては、中嶋氏のブログ〈http://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/〉で参照することが可能である。
(鈴木啓之)

2014年度第3回パレスチナ研究班定例研究会

概要

  • 日時:2014年7月23日(水)14:00-18:00
  • 会場:東京大学本郷キャンパス・東洋文化研究所 3階第一会議室
  • 報告
    1. 武田祥英(千葉大学大学院人文社会科学研究科博士後期課程)
      「戦間期におけるパレスチナ/イラクにおける英国の石油政策の展開プロセス」

    2. 今野泰三(日本国際ボランティアセンター パレスチナ事業現地代表/大阪市立大学院 都市文化研究センター研究員)
      「パレスチナ・ガザ地区における国際援助とNGOの機能」

報告

 武田報告の目的は、委任統治領パレスチナ開発政策の中でも重要な位置を占めた石油資源政策を、第一次世界大戦以前から継続する英国の石油政策との連続性のなかで検討することであった。第1部では、英国の石油政策および委任統治領パレスチナの形成と第二次世界大戦期までの現地開発に関する先行研究とその課題が概観された。続く第2部から第4部では、外務省および海軍省の文書に基づく形で、第一次大戦後まで継続する中東石油利権確保の基本計画策定、第一次大戦と拡大する石油資源利用、ハイファ石油精製所建設計画と石油産業優遇政策がそれぞれ検討された。
 質疑応答では、英国の石油政策の動機が商業よりも軍事にあったという解釈を本研究から引き出すことの妥当性、英国パレスチナ統治の石油以外の動機、英国支配下の諸都市の中でのハイファの重要性などが問われた。本報告は、これまで第一次大戦中の政策として捉えられがちであった英国の石油政策の起源を見直す機会として示唆に富むものであった。
(文責: 清水雅子 上智大学 博士後期課程)

 今野報告は、封鎖に伴う人道危機が続くガザ地区での実地調査をもとに、国際援助機関とNGOがいかに機能し、台頭するイスラーム主義運動との関係を構築すべきかといった問題を提起した。調査結果からは、軍事占領に加えハマースとファタハ政府による弾圧、ハマース系受益者を排除しがちな欧米系ドナーからの制圧による「恐怖の文化」、そして利権をめぐる党派間対立による「差別の文化」がうまれつつある現状が提示された。質疑では、1993年オスロ合意前後の対パレスチナ国際援助をめぐる動きの変化や、党派主義の社会的役割、自治政府によるNGO法の制定、また市民社会論の概念を適応することの是非など包括的な議論が交わされた。
(文責:南部真喜子 東京外国語大学博士課程)

2014年度第2回パレスチナ研究班定例研究会

概要

  • 日時:2014年6月3日(火)16:00-19:00
  • 会場:東京大学本郷キャンパス・東洋文化研究所 3階大会議室
  • プログラム
  • 「紛争の記憶とオーラルヒストリー ~キファー・アフィフィによるパレスチナ抵抗運動の語り~」

    講師:キファー・アフィフィ


  • *講演はアラビア語ですが、日本語逐次通訳がつきます。
    通訳:森晋太郎(東京外国語大学非常勤講師)

    入場料:無料

    司会:錦田愛子(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所准教授)

    【講師紹介】
    パレスチナ難民としてレバノンのシャティーラ・キャンプに育つ。
    1982年のサブラー・シャーティーラー難民キャンプでの虐殺事件を生き延びたが、
    家族の多くをイスラエル侵攻やレバノン内戦で失った。
    18歳の時、抵抗運動に参加するが、イスラエル国境で逮捕されてヒヤム刑務所に拘留される。
    解放に向けては広河隆一氏やその友人であるユダヤ人弁護士らが尽力し、6年後に釈放される。
    その後彼女は、親を失ったパレスチナの子どもの救援運動「ベイト・アトファール・アッスムード(子どもの家)」の活動に参加している。

    主催)NIHU「イスラーム地域研究東京大学拠点」
    科研費基盤研究(A)「アラブ革命と中東政治の構造変容に関する基礎的研究」
    DAYS JAPAN(月刊誌)
    キファーさんとともに難民問題を考える会

    ※関連イベントは こちらを参照ください。

    報告

     本研究会は元パレスチナ・ゲリラであったキファー・アフィフィ氏の経験を聞き、紛争下の個人の経験をいかにオーラルヒストリーの観点から受けとめるべきかを考察するものであったといえる。また本研究会は、質疑応答を通して、今後のパレスチナ問題への取り組み方に対する考察を深める機会としても機能したといえよう。
     幼くして家族をイスラエルとその同盟勢力の手により奪われた彼女は、ゲリラに加わり、そして捕虜となって初めて歴史的パレスチナの地を踏んだ訳であるが、その際に嬉しさの余り歓喜の声を上げ続けたという。この体験談は、パレスチナ難民として内戦下レバノンに生きるということがいかに人間を疎外し、その尊厳を奪うものであったのか、また自らの力でパレスチナに帰るという選択がいかに彼女の阻害からの脱却と自尊心の回復につながるものであったのかということを端的に示しているといえよう。同時に獄中での体験、特に強姦の脅しを含む拷問、すなわち拷問との自らや仲間の闘いは、過酷な条件下で人が尊厳を保つことの難しさ、そしてそれでも折れることの無い、アイデンティティと個人史に由来する力の強さを参加者に強く印象づけた。また獄中経験の話は、抑圧は抑圧者自身の人間性をもまた壊すものであるというフランツ・ファノンの言葉を同時に想起させるものでもあった。
     発表後は、武装か非武装か、あるいは闘争の持つイスラエル人への心理的作用をいかに考えるのか等を巡り、質疑応答が活発に交わされた。

    文責:鈴木隆洋

    2014年度第1回パレスチナ研究班定例研究会

    概要

    • 日時:2014年5月18日(日)13:00-18:00
    • 会場:東京大学本郷キャンパス・東洋文化研究所 3階大会議室
    • 報告
      1. 金城美幸(立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員)
        「パレスチナ/イスラエルにおける歴史学的知の生産――生成・変容とその基盤」

      2. 鶴見太郎(埼玉大学研究機構・教養学部准教授)
        「シオニズムの『国際化』――帝国崩壊と極東のロシア・シオニスト」

    報告

     金城氏は、歴史記述研究とパレスチナ/イスラエル地域研究という二つのアプローチの方法論的な総合を目指し、イスラエル側の歴史記述を前史・正史構築期・〈他者〉研究の芽生え・ポスト・シオニズム期などに区分、またパレスチナ側の展開をアラブ・ナショナリストの言説からイスラエルの新しい歴史記述の反論などに整理し、歴史記述における国家制度の問題を提起した。質疑では、イスラエル内/出身のパレスチナ人の問題、シオニストの多様な構成など単純な二項対立の構造ではない、など多くのコメントや質問がなされ活発な議論が行われた。
    (記:長沢栄治)

     鶴見報告ではロシア帝国内のシオニストについて、特に極東での言論活動に注目してその主張の変遷が検討された。分析の主な対象とされたのは、イルクーツクで発行されたシオニスト週刊紙の『エヴレイスカヤ・ジズニ』とハルビンで発行された機関紙『シビル・パレスチナ』である。両紙の論説を通しては、シオニストの主張がロシア国内でのユダヤ民族の自治から、次第にパレスチナにおける建国に比重を移していく様子がうかがわれた。質疑では、扱われた両紙の関係や、シベリア・シオニズム運動に対するブンドの位置づけ、などが問われ、1920年代の状況について多面的な議論が交わされた。
    (記:錦田愛子)