2018年度

2018年度第1回 関西パレスチナ研究会

概要

  • 日時:2018年6月30日(土)13:00-18:00
  • 会場:京都大学総合研究2号館(旧・工学部 4号館)4階 AA401(地図中34番の建物)
      

  • 13:00~15:00(報告60分+討論60分)
    研究報告:松野明久(大阪大学大学院国際公共政策研究科教授)
    タイトル:「占領、自決権、正統性〜イスラエル支配をどう分析するか」

  • 15:10~16:15(報告45分+討論20分)
    調査報告①:今野泰三(中京大学国際教養学部准教授)
    タイトル:「天国は外の世界ではなく、自分自身の中にある
         ーーパレスチナ・ウクライナ調査報告ーー」


  • 16:25~17:10(報告30分+討論15分)
    調査報告②:岡崎慎治(京都大学経済学部学部生)
    「学部派遣留学生の経験したパレスチナ/イスラエルーー所感と考察」

  • ■主催:関西パレスチナ研究会
       (http://kansai-palestinestudies.blogspot.jp/)
    ■共催:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
       中東イスラーム研究拠点 (人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)

報告


2018年度第1回 パレスチナ/イスラエル研究会

概要

  • 日時:2018年5月20日(日)14:00(開場13:30)-17:30
  • 会場:東京大学本郷キャンパス 東洋文化研究所 3階大会議室
       最寄駅:東京メトロ丸ノ内線/都営大江戸線(4番出口) 本郷三丁目駅
       東大・懐徳門から入って、緑の小道を抜けた右手、正面玄関に唐獅子像のある建物。

  • ◆報告1:飛田麻也香(広島大学大学院国際協力研究科 博士課程後期)
    「イスラエル・パレスチナ歴史教科書対話に関する研究―編纂・発行過程と教員の認識―」

  • ◆報告2:岡田真弓(北海道大学創成研究機構 特任助教)
    「パレスチナ/イスラエルにおける文化遺産マネジメント(仮)」


  • 主催:東京外国語大学アジア・アフリカ研究所 中東イスラーム研究拠点
      (人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)
    共催:東京大学東洋文化研究所班研究「中東の社会変容と思想運動」

報告


公開講演会「ナクバ70周年」

概要

  • 日時:2018年5月19日(土)14:30(開場14:15)~17:00
  • 会場:文京シビックセンター26階「スカイホール」東京都文京区春日1-16-21

  • プログラム(予定)

  • 講演: 臼杵陽氏(日本女子大学教授)
        「ナクバ70周年を未来に向けて回顧する」

        岡真理氏(京都大学教授)
        「Becoming―パレスチナ人《であること》パレスチナ人《になること》」

  • 参加費: 無料

  • 事前登録: あり 

    *参加をご希望の方は、お名前を明記のうえ下記の宛先までEメール、FAX、または郵送でお申し込みください。

  • 申し込み・お問い合わせ先
    Eメール:palestinescholarship_pub@tufs.ac.jp  FAX:042-330-5697
    郵送:〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 錦田愛子研究室気付 パレスチナ学生基金事務局


  • 主催:パレスチナ学生基金
    共催:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 中東イスラーム研究拠点
       (人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)パレスチナ/イスラエル研究会




報告