◆東京会場


"第三次中東戦争から50年――占領がもたらした影響"



  • 日時:2017年7月2日(日)(12:30開場)13:00開始 17:00終了
  • 会場:東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター(福武ホールB2)
       (アクセス http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/index.html)
       東京都文京区本郷7-3-1

  • 講演タイトル:『イスラエルにとってのパレスチナ占領―1967年から2017年の変化』
             (アヴィ・シュライム)

           『パレスチナにとって占領されることの意味』
             (ハリール・ナハレ)

  • 主催:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 中東イスラーム研究拠点
       (人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)

  • 言語:英語(日本語同時通訳付き)

  • 参加費:無料

  • 事前登録制:ご参加希望者は、通訳レシーバーのご希望の有無を添えて、
             以下のメール・アドレスまでご連絡願います。(当日受付あり)
             連絡先 aa_nihu_eventtufs.ac.jp