2018年度

2018年度第3回 関西パレスチナ研究会

概要

  • 日時:2019年2月16日(土)14:00-18:00
  • 会場:京都大学総合研究2号館(旧・工学部 4号館)4階 AA447(地図中34番の建物)   

  • ■プログラム(予定)

  • 14:00~14:20 開会挨拶・自己紹介

    14:20~14:30
    バシュキン氏の研究紹介:天野優(同志社大学大学院神学研究科博士後期課程、日本学術振興会
                特別研究員DC1)

    14:30~15:30
    基調報告:オリット・バシュキン(シカゴ大学教授)
    タイトル:The Birth of an Israeli Arab Jew: Iraqi Jews of the 1950s

    15:30~15:45 休憩

    15:45~16:00
    コメント:細田和江(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所特任助教)

    16:00~17:30 討論


  • ■主催:関西パレスチナ研究会
       (http://kansai-palestinestudies.blogspot.jp/)
    ■共催:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
       中東イスラーム研究拠点 (人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)


報告

2018年度第4回 パレスチナ/イスラエル研究会

概要

  • 日時:2019年2月11日(月・祝)13:00(開場12:30)-16:00
  • ■会場:東京大学東洋文化研究所 3階会議室(文京区本郷7-3-1)
    アクセス http://www.tufs.ac.jp/abouttufs/contactus/hongou.html
    最寄駅:本郷三丁目駅(地下鉄大江戸線)から徒歩5分
        本郷三丁目駅(地下鉄丸の内線)から徒歩6分
        湯島駅(地下鉄千代田線)から徒歩9分
        東大前駅(地下鉄南北線)から徒歩15分


  • ◆報告:オリット・バシュキン氏(Dr. Orit Bashkin, University of Chicago)
    "Chanting the Prayers of Moses in the Nation of Muhammad"

  • ◆コメンテータ:酒井啓子氏(千葉大学)
            臼杵陽氏(日本女子大学)

  • ※ 英語(通訳なし)

    主催:東京外国語大学アジア・アフリカ研究所 中東イスラーム研究拠点
      (人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)
        東京大学東洋文化研究所班研究「中東の社会変容と思想運動」

報告


2018年度第3回 パレスチナ/イスラエル研究会

概要

  • 日時:2018年12月16日(日)14:00(開場13:30)-17:30
  • ■会場:東京外国語大学 本郷サテライト 3階セミナールーム(文京区本郷2-14-10)
    アクセス http://www.tufs.ac.jp/abouttufs/contactus/hongou.html
    最寄駅:地下鉄丸の内線・大江戸線「本郷三丁目」駅 徒歩5分 / JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅 徒歩10分


  • ◆報告1:保井啓志(東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程
            日本学術振興会特別研究員)
    「テル・アヴィヴ、イェルサレム両都市におけるLGBTプライドの比較考察」

  • ◆報告2:山本健介(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 特任研究員)
    「紛争下の都市社会と聖地:パレスチナ人にとってのハラム・シャリーフ」


  • 主催:東京外国語大学アジア・アフリカ研究所 中東イスラーム研究拠点
      (人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)


報告


2018年度第2回 パレスチナ/イスラエル研究会

概要

  • 日時:2018年12月2日(日)14:00(開場13:30)-17:30
  • ■会場:東京外国語大学 本郷サテライト 3階セミナールーム(文京区本郷2-14-10)
    アクセス http://www.tufs.ac.jp/abouttufs/contactus/hongou.html
    最寄駅:地下鉄丸の内線・大江戸線「本郷三丁目」駅 徒歩5分 / JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅 徒歩10分


  • ◆報告:清水学氏(有限会社ユーラシア・コンサルタント 代表取締役)
    「イスラエル経済の構造変化と産業政策ー先端技術輸出と外交政策」(仮題)

    ◆コメンテータ:鶴見太郎氏(東京大学准教授)


  • 主催:東京外国語大学アジア・アフリカ研究所 中東イスラーム研究拠点
      (人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)


報告


2018年度第2回 関西パレスチナ研究会

概要

  • 日時:2019年10月20日(土)13:00-18:30
  • 会場:京都大学総合研究2号館(旧・工学部 4号館)4階 AA447(地図中34番の建物)   

  • ■プログラム

  • 13:00~13:20 挨拶・自己紹介

    【第1部:研究報告】

    13:20~15:20(報告60分+討論60分)
    発表者:渡部敬子(大阪府立大学大学院博士後期課程)
    タイトル:「パレスチナポストにおけるネイションとしてのユダヤ人の構築」

    (休憩10分)

    【第2部:合評会】
    日本の植民地主義とパレスチナ問題との歴史的連関について、重層的抑圧という視点から分析した役重善洋氏の著書『近代日本の植民地主義とジェンタイル・シオニズム―内村鑑三・矢内原忠雄・中田重治におけるナショナリズムと世界認識』(インパクト出版会、2018年3月)の合評会を行います。
    *『近代日本の植民地主義とジェンタイル・シオニズム』
       http://impact-shuppankai.com/products/detail/270

    15:30~17:30(著者報告40分+コメント30分+討論50分)
    著者報告:役重善洋(大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員研究員)
    タイトル:「ジェンタイル・シオニズムを日本から見る:植民地主義の二項対立的理解を乗り越えるために」
    コメント:水谷智(同志社大学グローバル地域文化学部教授)


  • ■主催:関西パレスチナ研究会
       (http://kansai-palestinestudies.blogspot.jp/)
    ■共催:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
       中東イスラーム研究拠点 (人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)

報告

2018年度第1回 関西パレスチナ研究会

概要

  • 日時:2018年6月30日(土)13:00-18:00
  • 会場:京都大学総合研究2号館(旧・工学部 4号館)4階 AA401(地図中34番の建物)
      

  • 13:00~15:00(報告60分+討論60分)
    研究報告:松野明久(大阪大学大学院国際公共政策研究科教授)
    タイトル:「占領、自決権、正統性〜イスラエル支配をどう分析するか」

  • 15:10~16:15(報告45分+討論20分)
    調査報告①:今野泰三(中京大学国際教養学部准教授)
    タイトル:「天国は外の世界ではなく、自分自身の中にある
         ーーパレスチナ・ウクライナ調査報告ーー」


  • 16:25~17:10(報告30分+討論15分)
    調査報告②:岡崎慎治(京都大学経済学部学部生)
    「学部派遣留学生の経験したパレスチナ/イスラエルーー所感と考察」

  • ■主催:関西パレスチナ研究会
       (http://kansai-palestinestudies.blogspot.jp/)
    ■共催:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
       中東イスラーム研究拠点 (人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)

報告


2018年度第1回 パレスチナ/イスラエル研究会

概要

  • 日時:2018年5月20日(日)14:00(開場13:30)-17:30
  • 会場:東京大学本郷キャンパス 東洋文化研究所 3階大会議室
       最寄駅:東京メトロ丸ノ内線/都営大江戸線(4番出口) 本郷三丁目駅
       東大・懐徳門から入って、緑の小道を抜けた右手、正面玄関に唐獅子像のある建物。

  • ◆報告1:飛田麻也香(広島大学大学院国際協力研究科 博士課程後期)
    「イスラエル・パレスチナ歴史教科書対話に関する研究―編纂・発行過程と教員の認識―」

  • ◆報告2:岡田真弓(北海道大学創成研究機構 特任助教)
    「パレスチナ/イスラエルにおける文化遺産マネジメント(仮)」


  • 主催:東京外国語大学アジア・アフリカ研究所 中東イスラーム研究拠点
      (人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)
    共催:東京大学東洋文化研究所班研究「中東の社会変容と思想運動」

報告


公開講演会「ナクバ70周年」

概要

  • 日時:2018年5月19日(土)14:30(開場14:15)~17:00
  • 会場:文京シビックセンター26階「スカイホール」東京都文京区春日1-16-21

  • プログラム(予定)

  • 講演: 臼杵陽氏(日本女子大学教授)
        「ナクバ70周年を未来に向けて回顧する」

        岡真理氏(京都大学教授)
        「Becoming―パレスチナ人《であること》パレスチナ人《になること》」

  • 参加費: 無料

  • 事前登録: あり 

    *参加をご希望の方は、お名前を明記のうえ下記の宛先までEメール、FAX、または郵送でお申し込みください。

  • 申し込み・お問い合わせ先
    Eメール:palestinescholarship_pub@tufs.ac.jp  FAX:042-330-5697
    郵送:〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 錦田愛子研究室気付 パレスチナ学生基金事務局


  • 主催:パレスチナ学生基金
    共催:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 中東イスラーム研究拠点
       (人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)パレスチナ/イスラエル研究会




報告